2006年08月28日

縦のギア効果

縦のギア効果


横のギア効果と同様に縦のギア効果もある。これも前項と同様に重心深度が深いほどギア効果が働き、スイートスポットの上にボールが当たればバックスピン量が減って、高打ち出しの弾道で低スピンと飛距離が出やすい弾道になりやすい。

また、逆にスイートスポットの下に当たれば、バックスピン量も増え、弾道は打ち出しが低くそして吹き上がるように高く上がる。
【関連する記事】
posted by ニキ at 23:56| ゴルフクラブ解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギア効果

ギア効果


インパクト時はヘッドとボールとの間に歯車がかみ合うように、ヘッドとは逆の回転がボールにかかること。

このギア効果は重心深度が深いほど大きく働き、左右のミスに優しくなる。
トゥ側にボールが当たればフック回転がかかり、ヒール側に当たればスライス回転がかかってボールが戻ってくる。
posted by ニキ at 23:42| ゴルフクラブ解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。